“クルマと文化の融合”をテーマに毎年春、“阿蘇くじゅう国立公園”周辺で開催される、世界の名車によるツーリングラリーイベント 「チェント・ミリアかみつえ」をご紹介しています。

チェント・ミリアかみつえ

第16回 チェント・ミリアかみつえプラス イベントダイジェスト

熊本地震復興応援イベントとして「世界の名車で阿蘇を訪れ、熊本を元気に!」を合言葉に、第16回チェント・ミリアかみつえプラスが開催されました。
今回は例年の通常イベントとは異なりスタンプラリーの参加車両やルートは自由、申込み不要、参加料無料という初の試みとなりましたが、2日間で約120組の参加者と多くの見学のお客様にご来場をいただきました。
従来のチェント・ミリアかみつえエントラントに加え、今回はチェント・ミリアファンの参加と見学が目立ち、横浜から被災された益城町に帰省中の20代男性や福岡、宮崎、鹿児島、長崎などの遠方からも多くの方々が駆けつけてくれました。
イベント終了後には、今回スタンプポイントとして協力をいただいた通常のイベントでは伺えない各地域の施設やショップの方からも「また、やりましょう!」とありがたい声を掛けていただきました。
今回の地域が震災前の姿になるには、もうしばらくの時間が必要です。しかし阿蘇には素晴らしい自然と元気に頑張っている人々や名所がまだまだいっぱいあることも再認識しました。今回ご協力をいただきました阿蘇市・南阿蘇村の皆様に心より感謝申し上げます。
今後も微力ながら、私たちチェント・ミリアかみつえファミリーに出来ることを地域の方々と一緒に考えていきたいと思っています。

■2016年9月17日(土曜日) 《 阿蘇市 》
大会本部 阿蘇一の宮門前町商店街 とり宮ガーデン
スタンプポイント ヒバリカフェ・うぶやま牧場・内牧温泉“ホテル大観荘”

台風の接近による天候も心配でしたが、当日はオープンカーのドライバーが日焼けする程の快晴に恵まれました。メイン会場となる阿蘇神社の神様が歓迎してくれたようです。
大会本部に展示されたランボルギーニやスーパーセブン、モーガンなどに参拝に来られた方々も驚かれ、オーナーと談笑したり、記念撮影をする姿が見られました。
スタンプラリー参加者は、決められたスタンプポイントを周る順番、ルート等が自由だったため、すれ違うクルマや訪れたスタンプポイントで出会う希少なクルマに興奮したり、中には道に迷う方など、楽しいハプニングがあったと教えてくれました。
見事3カ所のスタンプを集めてきた方にチェント・ミリアかみつえプラスオリジナルくまモンステッカーを記念にプレゼントすると、とても喜んでいただき来春の再会を約束しました。

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

■2016年9月18日(日曜日) 《 南阿蘇村 》
大会本部 南阿蘇鉄道“長陽駅”
スタンプポイント 葉祥明 阿蘇高原絵本美術館・珈琲“Easy Pit”・道の駅 あそ望の郷くぎの・
カフェ&アンティーク&ギャラリー“Nyima”

この日は、南阿蘇村内で大会本部と4カ所のスタンプポイントを舞台にイベントが行われました。熊本地震の影響で不通となっている南阿蘇鉄道の立野駅から中松駅区間は営業再開を目指しボランティアによる線路の草刈りが行われています。大会本部となる長陽駅では、チェント・ミリアかみつえの写真パネル展示や「おかえりチェント・ミリア」の暖かいメッセージカードを駅長が用意してくれていました。
長陽駅舎内にある駅舎カフェ久永屋の美味しいシフォンケーキとコーヒーを飲みながら、ゆっくりとした時間が流れます。雨の中、お父さんと二人で参加してくれたのは、福岡から来た12歳の女の子。手作りのスタンプ台紙を作ってきてくれました。他にも大会本部や各スタンプポイントではチェント・ミリアかみつえの「地域の方々との交流」と今回の「熊本を元気に!」という主旨に賛同してくれた多くの方々との出会いがありました。